LED電球を利用して快適な暮らしをしましょう。

LED電球の寿命はどれくらい。

普通の電球はだいたい約3000時間くらいの寿命です。蛍光管の寿命は6000~12000時間です。それに比べLED電球の寿命は40000時間なんです。一般的な電球は切れてしまったときが替えどきですよね。蛍光管もチカチカしだしたら替えどきです。ですが、LEDは切れることもなければチカチカすることもありません。徐々に光の量が弱くなっていくのが特徴なので、人それぞれこの電球の寿命はさまざまということです。

LED電球のメリットとは。

LED電球と一般的な普通の電球はあまり変わらないように見れるので違いがよくわからない人はたくさんいると思います。LED電球のメリットはまず、寿命が圧倒的に長いので交換の手間を省くことが出来ます。消費電力も少なく抑えることができるので電気代節約にもなり助かりますね。紫外線が出ないというのも魅力的です。なので、虫が寄ってくることもありません。付けて明るくなるまでにも、時間がかからないところも便利です。

インテリアもLED照明に。

LED電球は他の電球と比べて、光の量がとても多いです。なので、その分部屋をより明るくすることができます。色の見え方も均等なんです。最近のLED照明は色の見え方などをリモコン一つでシーンに合わせて、変えることができるものもあります。間接照明として使用するのにも適しています。紫外線がでないので、ポスターや本などが色あせてしまう心配もないです。そのうえ発熱も他の電球と比べて少ないので床に置いても安心安全です。

ledパネルは軽量で扱いやすいことから宙吊りや壁掛けで使用することが出来ます。特に店舗内では利用客に効果的な宣伝が出来るように、複数のパネルを組み合わせることも可能です。