怖いね!こんなにあったんだ、ネットでの誹謗中傷!

ネットで人を中傷するって?

インターネットって、ホントに便利です。かつてはパソコン通信ができる人だけの聖域でしたが、今や誰もが簡単にアクセスして情報を閲覧することが出来ます。閲覧だけではなく、情報を自分から発信することも出来ます。そこに対して世界中の人から反応があったりするのも楽しいです。特にネットにある英語での情報は、まさに宝の山状態です。だけどそんな便利で楽しいネットの世界にも、恐ろしい側面があるんです。それがネットでの人の誹謗中傷なんです。。

ネット上で人を傷つけるとどうなるの?

今まで一般人として平穏に過ごしていたのに、一度でも匿名掲示板に住所や氏名を書かれたら、顔写真をアップロードされたら、その人のそれからの生活は一変してしまいます。どこを歩いていても見知らぬ誰かから監視され、事実無根なことを書かれたら。それを見た人が信じ込んで、さらに誰かに吹聴したら。もう噂の拡散は止まりません。さらにネットの恐ろしい点は、デジタルの文字は、ほぼ半永久的に存在し、まずこの世から消えてなくなることはない、ということなんです・・。

でも、名前がわからなければいいんじゃないの?

匿名で誹謗中傷された場合はどうなるでしょうか?第三者にはわからないから、いいや!とばかりに、友人達と共通の知人の陰口をネットに書きまくったらどうなるでしょうか。実はこれ、名誉毀損罪で訴えられてしまうことがあるんです。つまり実名が書かれていなくても、前後の話の流れからその人であると特定出来た場合は、実名を書いたと同様に考えられるのです。人が意見を持つのは自由ですし、自分の意見は持つべきです。でも、それを公の場で公開すると責任が伴うのだと言うこと、忘れないようにしたいですよね!

逆SEOという言葉がありまして、りばーすSEOともいわれています。通常行われるSEO対策の逆の方法を行います。