現代社会ではよくある話?インターネットの誹謗中傷対策

もはや日常茶飯事!?インターネット上の誹謗中傷

現代社会ではもはや当たり前となったインターネット。利用していない人を見つけるほうが難しいかも知れません。しかしながら、その便利な側面と比例するように、侮辱的な発言などによる誹謗中傷が、ある意味当然のように頻発している状況にあります。自分が誹謗中傷をされてしまった、あるいはしてしまったなどの当事者になってしまった場合、どうするのが良いのでしょうか?今回は、そのことについて紹介していきたいと思います。

インターネットで誹謗中傷を受けてしまった場合

誹謗中傷問題について、自分がされてしまった場合はどうすればよいでしょう。まず、誹謗中傷を受けたからといって、誹謗中傷をやり返すということは絶対にやめましょう。相互に泥沼となり、時間と精神力を無駄に削られる可能性があります。対応としては、冷静に、法律的に問題があることを伝えまた後、改善されない場合には弁護士への相談などしかるべき対応をとる旨を伝えましょう。それでも、状況に改善が見られない場合は、弁護士への相談などを検討しましょう。

インターネットで誹謗中傷をしてしまわないために

誹謗中傷を自分がしてしまわないためにはどうすればよいのでしょう。まず、どういうものが誹謗中傷にあたるかについて明確に把握しておく必要があります。侮辱的な内容はもちろん、事実を述べる場合であっても、相手を傷つけてしまうような発言の場合、誹謗中傷に当たる可能性があります。相手の気持ちを考えながら、相手を刺激する発言はしないようにしましょう。万が一相手に誹謗中傷と受け取られる発言をし、問題となってしまったなら、即座に丁寧に謝罪する旨を伝えましょう。その際、お金を支払う旨は絶対に自分から申し出ないようにしましょう。付け入られて面倒な事態に陥る可能性があります。

2ちゃんねる削除の依頼をしても、すべての記事が削除されるわけではありません。削除されるかどうかは削除人それぞれの判断です。嫌い、不愉快などの個人的な理由では削除されません。